かんぽドリームシアター
テーマソング『夢をあつめて』

かんぽドリームシアター テーマソング『夢をあつめて』

かんぽ生命は、社会貢献活動の一環として、宝塚歌劇の活動を支えています。
かんぽドリームシアターナビゲーターを務めます宝塚歌劇団雪組トップスター望海風斗が思いを込めて歌うナンバー「夢をあつめて」。
このたび、この楽曲が今日を頑張っているすべてのみなさまの心の支えとなることを願い、「かんぽドリームシアター」のテーマソングとさせていただくことといたしました。

この楽曲はナオト・インティライミ氏プロデュース・書き下ろしによるオリジナル楽曲であり、夢を叶えるために挑戦し続けている人々の葛藤や決意を表現したナンバーです。
みなさまの夢や心の健康を応援させていただくのにぴったりなこの曲で、こんなときだからこそ夢や希望をもっていただきたく、かんぽ生命は今後、他の施策を通じてこの曲と共にみなさまを応援して参ります。


「夢をあつめて」(フルバージョン)

ナオト・インティライミ メッセージ

『ナオト・インティライミ メッセージ

まず最初に、今回の貴重な機会を頂戴できたことを、御礼申し上げます。
長い伝統を誇り、世の中に夢を与える大きな存在である宝塚歌劇とお仕事ができるということは、私の音楽人生の中でも大きな経験を得る機会になると思いました。

望海さんの歌声を初めて聴いたときに感じたのは、とても大きく広いイメージでした。
世界を旅している時に出会うどこまでも続いている広い空や、ため息がでるくらいの青い海のような。
今回の楽曲は、その素敵な声からアイディアが生まれました。

また、良い意味でファンの皆さんを裏切る、「宝塚歌劇の望海風斗」ではない「素の望海風斗」の歌声を引き出したい、ということも意識して制作していきました。
望海さんからも「宝塚の枠の中ではなく、ナオトさんらしい曲で、新しい自分を発見するチャレンジをしたい」とお話をいただき、トップスターになってもなおチャレンジを掲げる姿勢に強く尊敬と共感の念を抱き、共に作り上げたのが今回の「夢をあつめて」という曲になります。
この曲を聴かれた方々が、これまでと一味違った望海風斗さんを感じていただけたら幸いです。
そしてこの曲がチャレンジを続ける全ての方々の背中を押せるような曲になっていったならとても幸せです。

歌詞の中に、「未来でまた会おう 笑って きっと 笑って」というフレーズがあります。

必死に今日を頑張って戦っている皆様に、この言葉が、望海さんの素敵な歌声に乗せて、届くことを願っております。


望海風斗 メッセージビデオ


『夢をあつめて』ドキュメント映像

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除く)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す