社員ボランティアによる震災募金「黄色いポスト募金」を郵便局の活用等により支援(プレスリリース)

重要なお知らせ
2011年03月18日

本文の先頭です。

 

 このたびの地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
 日本郵政グループ5社※1では、先に(3月14日)、このたびの地震により被災された皆さまへの救援対策として、災害義援金の無料送金サービスについて発表しました。
 今回これに追加して、日本郵政グループは、グループ各社の社員有志のボランティアが取り組む震災募金活動について、郵便局の活用等による支援を行うので、お知らせします。

1 日本郵政募金会の活動

(1) 日本郵政募金会とは
 ・日本郵政グループ5社の社員有志により、東北地方太平洋沖地震の被災者支援のための募金活動を行うことを目的として、3月16日に設立した任意団体です。
 ・募金会の代表は、片野 健一かたの けんいち(日本郵政株式会社広報部CSR担当部長)です。


(2) 活動内容

 募金会が、全国の郵便局等※2に送付するための募金箱を調製・送付し、募金を集計し、救援等を行う団体に配分します(黄色いポスト募金)。
 送付する募金箱の形状は、郵便局等により次のいずれかを予定しています。
 ・黄色いポスト型の募金箱 ... 図1
 ・黄色いポストのイラストをあしらった募金箱 ... 図2
 なお、準備が整うまでは、適宜の容器を使用した募金箱となる場合があります。

 参考:黄色は「しあわせ」を呼ぶ代名詞といわれており、また、黄色の郵便ポストがごく一部ですが郵便事業で実用されていることもあり、募金の愛称を「黄色いポスト募金」としています。

(3) 募金期間
  平成23年3月22日(火)~平成23年5月31日(火)

(4) 募金の寄贈先
  今後判明する被災状況も踏まえ、東北地方太平洋沖地震の救援等を行う団体を予定。

2 日本郵政グループの支援内容

 全国の郵便局の窓口に募金箱を設置

 郵便局の窓口をはじめ、日本郵政グループの全国約2万4千の店舗※2に、東北地方太平洋沖地震の被災者支援のための募金箱を設置します。この募金は、日本郵政募金会を通じて、震災の救援等を行う団体に寄贈されます。
 なお、日本郵政株式会社では、募金箱の調製、全国の店舗から日本郵政募金会への送金料金など、日本郵政募金会が活動に要する費用の一部についての支援も行います。

 注:支援の開始日 
  3月22日(火)以降、準備できた郵便局等から、募金箱の設置等の支援を開始。

保険のご相談・資料請求

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す

平日はお近くの郵便局に

お近くの郵便局で、保険のご相談・お見積もりを受け付けております。お気軽にご相談ください。
(外部サイトへリンクします。)

相談会で相談する

相談会で相談する
相談会日程を確認する >

土・日・休日は相談会に

土・日・休日は相談会に参加してみませんか?ご家族やお子さまとご一緒に、どなたでもお気軽にご参加いただけます。