もっとあなたへ安心を 手厚い入院一時金で入院初日からサポート 短期の入院も、長期の入院も、さらに安心 医療特約 もっと その日からプラス もっとあなたへ安心を 手厚い入院一時金で入院初日からサポート 短期の入院も、長期の入院も、さらに安心 医療特約 もっと その日からプラス

「もっとその日からプラス」は、基本契約(終身保険・養老保険・定期保険など)とセットでのご契約が必要になります。

まずは動画をチェック

もっとその日からプラスの詳しい内容は、基本契約の資料に記載されていますのでご確認ください。

最近の医療環境は?

医療の進展によって入院日数は短期化。

平均入院日数

厚生労働省 令和元年(2019年)医療施設(動態)調査・病院報告の概況

7日以内の入院割合

公益財団法人 生命保険文化センター 「平成16年度・令和元年度 生活保障に関する調査」を基にかんぽ生命が作成

一方で病気によっては、
数カ月長期の入院となることも。

一方で病気によっては、数カ月の長期入院となることも。
傷病別の退院患者平均在院日数(抜粋)

厚生労働省「平成29年(2017年) 患者調査の概況」を基にかんぽ生命が作成

ケガや病気に対する不安(抜粋)

生命保険文化センター 令和元年(2019年)「生活保障に関する調査」のデータ(抜粋)

長期の入院で医療費がかさむことに、
不安をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

長期の入院で医療費がかさむことに、不安をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

入院費用はどれくらいかかる?

入院費用は、一般的に「医療費」「食事代」「差額ベッド代」「その他雑費」などがあります。
医療費は、国民健康保険等の公的医療保険制度の対象となりますが、その他の費用は対象外となり、全額自己負担です。

公的医療保険制度対象

医療費(入院、手術等)

国民健康保険等の公的医療保険制度の適用により、1割~3割が患者の負担です。

  1. 公的医療保険制度対象外の治療があります。
医療費の自己負担額のイメージ
プラス
全額自己負担

公的医療保険制度対象外

食事代、差額ベッド代等
  1. 一般所得の場合。厚生労働大臣が定める標準負担額です。
  2. 差額ベッド代とは
プラス
その他関連費用
公的医療保険制度の対象外となる費用のイメージ
自己負担が多くなると、公的医療保険では不十分かも… 長期入院になると、自己負担額がかさむなぁ…

1カ月間に負担した医療費が高額の場合、
「高額療養費制度」による還付が受けられる場合も!

高額療養費制度とは、家計に対する医療費の自己負担が過重なものにならないよう、医療費の自己負担に一定の歯止めを設ける仕組みです。

70歳未満
スクロールできます arrow
70歳以上
スクロールできます arrow
  1. 診療月を含め過去12カ月に3回以上高額療養費の支給を受けている場合、4回目以降の自己負担の上限額は[   ]内の金額となります。
  2. 年間(8月から翌年7月まで)144,000円を上限とします。
  1. 年収は目安です。
  2. 健保:健康保険等、国保:国民健康保険、後期:後期高齢者医療制度を指します。詳細は、加入されている健康保険組合、全国健康保険協会、市町村(国民健康保険、後期高齢者医療制度)、国保組合、共済組合までお問い合わせください。
  3. 総医療費とは、保険適用される診療費用の総額(10割)です。
  4. 高額療養費の自己負担の上限額に達しない場合であっても、同一月に同一世帯で自己負担が2件以上生じたときは、これらを合算して自己負担の上限額を超えた金額が支給されます(世帯合算)。なお、同一人が同一月に2つ以上の医療機関にかかった場合も同様です(70歳未満のみの世帯には合算する自己負担の下限額があります)。
  5. 本ページの社会保障制度に関わる記述は、2022年2月現在の社会保障関係法令等に基づき記載したものです。今後、社会保障制度が変わる場合もあります。

入院時の自己負担額はいくら?

病院の窓口で負担する1カ月間の医療費が30万と50万円の場合、
自己負担額がどれくらい必要か目安の金額を見てみましょう!

「もっとその日からプラス」なら!

メリット1

病院等から請求される医療費の自己負担には、入院初日と30日ごとにお支払いする入院一時金※1で備えられます!
医療費の自己負担額と入院一時金のお支払いイメージ
お支払いのポイント!
<無配当総合医療特約(R04)特約基準保険金額500万円 【入院保険金日額5,000円】の場合>

メリット2

差額ベッド代や食事代等の費用には、入院1日ごとにお支払いする入院保険金※2で備えられます!
公的医療保険制度の対象外となる費用と入院保険金お支払いイメージ
お支払いのポイント!
<無配当総合医療特約(R04)特約基準保険金額500万円 【入院保険金日額5,000円】の場合>

メリット3

手術を受けられた場合には、入院中の手術も外来の手術も、手術保険金※3をお支払い!
入院中の手術と外来の手術の割合 ※4
お支払いのポイント!
<無配当総合医療特約(R04)特約基準保険金額500万円 【入院保険金日額5,000円】の場合>
  1. 入院保険金日額の20倍。なお、1回の入院につき、入院1日目、30日目、60日目、90日目、120日目の最大5回お支払いします。
    保険期間を通して、病気による入院・不慮の事故でのケガによる入院の別にそれぞれ20回まで。
  2. 1回の入院につき、最高120日分まで。
  3. 入院保険金日額の10倍。創傷処理、皮膚切開術などお支払いの対象とならない手術があります。
  4. 厚生労働省「令和2年社会医療診療行為別統計の概況」を基にかんぽ生命が作成。
  1. 上記のお支払いイメージは、特約保険金額500万円に加入いただいた場合の例です。入院一時金、入院保険金及び手術保険金の金額は、特約基準保険金額により異なります。
  2. 「引受基準緩和型無配当総合医療特約(R04)」については、 引受基準緩和型商品の商品別リーフレットをご覧ください。
退院後の通院費用などにも充てられて、出費が多くなっても安心!
ご注意

「もっとその日からプラス」は、
基本契約(終身保険・養老保険・定期保険など)と
セットでのご契約が必要になります。

基本契約(終身保険 養老保険 定期保険 学資保険 長寿支援保険)+特約(無配当総合医療特約(R04)(もっとその日からプラス)) 基本契約(終身保険 養老保険 定期保険 学資保険 長寿支援保険)+特約(無配当総合医療特約(R04)(もっとその日からプラス))

基本契約はお客さまのニーズに合わせてお選びいただけます。

一生涯の保障がほしい

終身保険

保障と合わせて
満期の楽しみがほしい

養老保険

保険料の負担を抑えた
一定期間の保障がほしい

定期保険

子どもの進学に向けて
計画的に準備したい

学資保険

ゆとりある老後
生活を送りたい

長寿支援保険

imgその他の特約はこちら

“もしも”のときの備えも、一緒に考えてみませんか?

あなたに“もしも”のことがあったとき、ご家族には悲しみに加えて経済的負担がかかります。
かんぽ生命では、医療への備えと“もしも”のときの備えをセットでご提供していますので、一緒に考えてみませんか?

“もしも”のときに備えておきたい費用の一例をご紹介します。

もっとその日からプラスの詳しい内容は、基本契約の資料に記載されていますのでご確認ください。

お受け取り例

保障内容と保険料
スクロールできます arrow
お受け取り例
保障内容と保険料
スクロールできます arrow
お受け取り例
保障内容と保険料
スクロールできます arrow
お受け取り例
ⅡW 2022.04 14066

もっとその日からプラスの詳しい内容は、基本契約の資料に記載されていますのでご確認ください。

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除く)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す