御社に必要な対策は?

事業承継を円滑にするための対策を取る
事業承継資金

  • 納税資金を確保する
  • 経営権を安定させる
  • 争いを防止する

相続税額の目安

相続税額の目安
相続税額の目安

※1 上記の相続財産額は、課税価格と仮定しています。
※2 税務の取り扱いについては、税理士などの専門家にご相談ください。

事業承継をする上での課題

事業を引き継ぐに当たり、「自社株式に係る相続税、贈与税の負担」を課題に挙げている経営者の割合が一番多く、「自社株式以外の資産に係る相続税、贈与税の負担」と合わせると、約6割という結果になっている。

※注:複数回答。

中小企業庁財務課「事業承継に関する現状と課題(平成28年4月26日)」を基に作成

相続税負担額早見表(概算)

(単位:万円)

※1 「相続税負担額早見表」は、相続が発生したときに被相続人となる人が所有している相続財産を基にして、「配偶者の有無」「子どもの数」によって相続税額を一覧表にしたものです。

※2 配偶者ありのケースでは、配偶者の税額軽減を最大限適用したものとして計算しています。

※3 配偶者の税額軽減以外の税額控除などは考慮していません。

※4 税額は万円未満を四捨五入して表示しています。

生命保険を活用したワンポイントアドバイス

  • 後継者が相続した自社株式を会社が買い取ることにより、円滑な相続税納税ができます。
  • 後継者ではない遺族が相続した自社株式を会社が買い取ることにより、円滑な遺産分割ができます。
  • 経営に関係のない親族が保有する自社株式を会社や後継者が買い取ることにより、後継者の経営権の安定を図れます。
  • 相続不動産などを会社が買い取ることにより、遺族に対し相続対策資金を提供できます。

※このページ内の税制に関わる記述は、2018年12月現在の税関係法令等に基づき記載したものです。今後、税制が変わる場合もあります。 税務に関わる個別の取り扱いについては、所轄の税務署などにご確認ください。

法人のお客さまへ

保険のご相談・資料請求

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す

お近くの郵便局で、保険のご相談・お見積もりを受け付けております。お気軽にご相談ください。
(外部サイトへリンクします。)

相談会で相談する

相談会で相談する
ライフプラン相談会について >

ライフプラン相談会は、ご家族やお子さまとご一緒に、どなたでもお気軽にご参加いただけます。