いくら必要?
備えの前に考えたい生活費

備えるお金が不十分ではあとあと困りますし、逆に多いと日々の生活を圧迫してしまいます。
生活費とのバランスが重要です。

いくら必要?備えの前に考えたい生活費

1カ月に必要な生活費は?

私たちの暮らしには、生活費・住宅ローン・子どもの教育費など、たくさんのお金がかかります。

食費・水道光熱費・住居費など

食費、水道光熱費、住居費など
月々 約20万円※1

教育費

教育費
月々 約15万円※1

さらに思わぬ事態に備える
お金が必要!

さらに思わぬ事態に備えるお金が必要!
備え

いくら備えるべき?

老後の生活や入院時の備えにはいくら必要なのでしょうか?

年金以外に必要な費用

夫婦2人で1人当たり

月々 約6.9万円※2
万一の入院費用
1カ月入院した場合
約59万円
※3
生活費備えるお金
あなたはちゃんと準備できてますか?

毎月の生活費

食費・水道光熱費・
住居費・教育費など

食費、水道光熱費、住居費、教育費など
月々 約35万円

備えるお金

老後に備えるお金

老後の生活資金※4

老後の生活資金
月々 約6.9万円

病気やケガに備えるお金

(例)入院費用

(例)入院費用
1カ月入院した場合
約59万円

準備していないと、
こんなことが起こります。

子供の資金不足

教育の資金不足

マイホーム購入時の資金不足

住宅購入時の資金不足

老後の資金不足

老後の資金不足

かんぽくん
老後の生活や入院したときのお金まで備えられるか心配だな...。
ゆめちゃん
みんなはどんな方法でお金を備えているのかな?
  • <出典>
  • ※1 次の数値を足し合わせた金額
    ・大学の教育関連費(私立・文系の場合):月々15.3万円(日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成29年度)」を基に算出)
    ・2人以上の勤労者世帯の住宅ローン(全国平均):月々約9万円(総務省「家計調査年報(平成29年度)」を基に算出)
    2人以上の勤労者世帯の食費・水光熱費・通信費(平均):月々約11万円(総務省「家計調査年報(平成29年度)」を基に算出)
  • ※2 次の数値の差分
    ・60~69歳、2人以上の世帯の場合の平均月額:290,084円(総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年)家計の概要」を基に作成)
    ・夫が平均的年収(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった場合の老齢基礎年金1人分および老齢基礎年金を含む標準的な厚生年金の年金額1人分の合計:221,504円(厚生労働省「平成31年度の年金額改定について」を基に作成)
  • ※3 公益財団法人生命保険文化センター「平成28年 生活保障に関する調査」を基に作成
    治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は、利用後の金額。
  • ※4 30歳から65歳までの35年間で、100歳まで生きた場合に年金以外に必要となるお金を準備するために、1カ月当たりの備える金額を※3の金額を基に算出

保険のご相談・資料請求

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す

平日はお近くの郵便局に

お近くの郵便局で、保険のご相談・お見積もりを受け付けております。お気軽にご相談ください。
(外部サイトへリンクします。)

相談会で相談する

相談会で相談する
相談会日程を確認する >

土・日・休日は相談会に

土・日・休日は相談会に参加してみませんか?ご家族やお子さまとご一緒に、どなたでもお気軽にご参加いただけます。