健康のススメ

Vol.8 あなたは知ってる?
高齢者の「夏バテ」に
効果的なサポート方法

ここ最近、世界中で夏の猛暑が問題視されています。 日本でも毎年のように熱中症の注意喚起がなされていて、とくに高齢者に対しては「暑さを我慢せず、冷房をつけて」と呼びかけています。にもかかわらず、息絶えてしまう高齢者は後を絶ちません。

この記事では、高齢者が「夏バテ」にならないための対策、また、なってしまった場合のサポート方法についてご紹介します。正しい知識を備えて、身の周りにいる高齢者の熱中症を予防しましょう。

高齢者の「夏バテ」に効果的なサポート方法

高齢者の夏バテの特徴とは?

若い頃に比べて、高齢者は体力が落ちています。同時に「暑さに対する感覚」「体温を調節する機能」も低下するため、熱中症のリスクが高まるようです。

また、のどの渇きに気づきにくく、あまり水分を口にしなくなるという傾向にあります。 加えて、夏の暑さによって胃腸のはたらきが悪くなり、食欲がわかなくなって体調を崩すこともよくあることです。

高齢者が1度健康を損ねると、持病を悪化させたり衰弱してしまったりする危険性も高まります。だからこそ、日常から体調管理に注意する必要があるのです。

水分不足には乳酸菌の摂取を

年齢を重ねるにつれて、トイレを使用する頻度が高くなります。この点こそ、高齢者が水分補給をしなくなる大きな理由の1つだと考えられています。 とくに「夜に尿漏れするのは恥ずかしい」と、水分を控える方は多いようです。

しかし、体内の水分が不足すれば便秘につながります。高齢者は腸のはたらきも衰えているため、排出すること自体も困難になります。 この問題を解決してくれるのが、スーパーなどで気軽に購入できる乳製品です。

ヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌は、お通じをよくしてくれます。 また、咀嚼する機能が衰えている高齢者でも口にしやすい食品です。身近に便秘がちな高齢者がいたら、アドバイスしてあげましょう。

おすすめの食事メニューと
ポイント

夏バテ対策にもっとも有効なのが、栄養バランスのとれた食事です。

とはいえ、高齢者の場合は、「咀嚼しにくい」「消化によくない」食材は避けて、なるべく柔らかいものをすすめてあげましょう。

おすすめの食事メニュー

  • 主食:白米、麺類 など
  • たんぱく質:半熟卵、鶏肉、煮魚、豆腐、湯葉、納豆 など
  • 野菜類:煮野菜(きゅうり、トマト、なす など)
  • 果物類:バナナ、オレンジ、みかん など
  • そのほか:発酵食品(味噌、甘酒 など)薬味(しょうが、みょうが、青ネギ、大根おろし など)

食事のポイント

夏の暑い時期は、汗がふき出すほどの熱い料理は避けましょう。体温調節が難しくなっていること、温度感覚も衰えていることから、舌をやけどしてしまう可能性もあります。

とはいえ、冷たいものばかりでは、胃腸のはたらきを悪化させてしまいます。少し温かいか、常温くらいを目安とするとよいでしょう。

おすすめの運動とポイント

食事だけでなく、暑さに負けないからだをつくるためには適度な運動も必要です。ここでは、高齢者に適したエクササイズをご紹介します。

座ってできるエクササイズ

1 両足のもも上げ

  1. 椅子に座った状態で、両足のももを上げます。
  2. 両足がつらいようであれば片足ずつでもOKです。
  3. これを10回繰り返します。
両足のもも上げ

2 両足のひざ伸ばし

  1. 椅子に座った状態で、両足のひざを伸ばします。
  2. 両足がつらいようであれば片足ずつでもOKです。
  3. これを10回繰り返します。
両足のひざ伸ばし

3 バランスボールを両足で
押しつぶす

  1. 顔のサイズほどのバランスボールを用意します。
  2. 椅子に座った状態で、これを両太もものあいだに挟みます。
  3. 太ももの内側でボールを押しつぶすように力を入れます。
  4. これを10回繰り返します。
バランスボールを両足で押しつぶす

1~3ともに、太ももとおなかの筋肉を意識しながら行うと効果的です。

日陰でのウォーキング

ウォーキングも高齢者におすすめの有酸素運動です。とくに夏の暑い時期は、次のポイントを意識して行うようにしてください。

1 日射病対策として、かならず帽子を着用する

2 炎天下ではなく、日陰の多い場所を選ぶ

3 できれば緑の豊かなスポットに出向く

日陰でのウォーキング

エクササイズは体力を向上させるだけでなく、気分をリフレッシュさせるメリットもあります。 本人のモチベーションが上がるような場所でウォーキングするとよいでしょう。

自分の親を夏バテから守って
あげよう

自分の親を夏バテから守ってあげよう

年齢を重ねるにつれ、体力の衰えは避けることができません。 ただし、高齢者のからだの特徴を知っていれば、夏バテを予防したり症状を改善したりと、周囲の人間によってサポートすることができます。

「最近、親の元気がない」と感じていたなら、ご紹介した方法をぜひ試してみてください。 体力をとり戻して、元気な笑顔を見せてくれるかもしれません。

保険のご相談・資料請求

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す

お近くの郵便局で、保険のご相談・お見積もりを受け付けております。お気軽にご相談ください。
(外部サイトへリンクします。)

相談会で相談する

相談会で相談する
ライフプラン相談会について >

ライフプラン相談会は、ご家族やお子さまとご一緒に、どなたでもお気軽にご参加いただけます。