健康のススメ

Vol.19 これで冬の運動不足を解消!
室内で楽しめる親子の運動あそび

寒い季節になると、外で運動しようという気分になれず、家にこもりがちです。
とくに年末年始は、温かい室内でゴロゴロと過ごしてしまい、運動不足になる方がたくさんいます。

そこでおすすめしたいのが、室内でもできる「親子の運動あそび」です。
子どもと楽しみながら、健康的なからだを取り戻しましょう。

これで冬の運動不足を解消! 室内で楽しめる親子の運動あそび

冬の運動不足を親子で解消するメリット

親子でからだを動かすメリットは、冬の運動不足を解消する以外に2つあります。

親子のコミュニケーションがとれる

親子で行う運動は、健康的なからだをつくるだけでなく、スキンシップによるコミュニケーションにもつながります。
子どもがどんな動きに興味を示すか、楽しんでいるかなど、心身ともに触れ合いながら運動不足を解消することができます。

親子のコミュニケーションがとれる

子どもの行動力が広がる

子どもの反応は素直です。親と一緒に運動をすると、喜んで「できた」「やったー」「面白い」と口にします。
そんなポジティブな思考は、勉強やスポーツ、友だちづくりなど、さまざまな行動力の広がりにも影響します。
すこやかな成長のためにも、親子の運動は役立つのです。

子どもの行動力が広がる

【年齢別】室内でOK! 親子で楽しめる「運動あそび」

どんな場所でも親子で楽しめるのが、「運動あそび」です。
シンプルですが、意外と筋力をつかうため、運動不足の方は、適度にシェイプアップすることができます。

ここでは、年齢別に「幼稚園生向け(3~5歳)」「小学生向け(6~12歳)」の2つに分けて、それぞれに適した運動あそびをご紹介します。

幼稚園生向け(3~5歳)

まずは、幼稚園生向けの運動あそびから見てみましょう。

1 腕曲げがまん(or親子引き)

腕曲げがまん(or親子引き)

【腕曲げがまんの動き】

  1. 親子で向き合って立ちます。
  2. 子どもは肘を曲げ、グッと力を入れます。
  3. 親が子どもの手首を掴み、ゆっくりともち上げます。
  4. この状態をお互いキープします。
ルール

親が子どもを下ろすか、子どもが腕を伸ばしたら負けです。

2 長座たおし

長座たおし

【長座たおしの動き】

  1. 親は足を伸ばして座る、長座姿勢になります。
  2. 子どもは親の背中に立って、肩に両手を置きます。
  3. 「よーい、スタート」の合図で、子どもは親を後ろに倒すよう引っ張り、親は倒されないよう上体をキープします。
ルール

親が倒れるか、子どもが倒せなかったら負けです。

小学生向け(6~12歳)

続いては、小学生向けの運動あそびです。
周囲に危険な物がないか、しっかりと確認してから行うようにしましょう。

両足くぐり・跳び越しくぐり

1 両足くぐり

両足くぐり

【両足くぐりの動き】

  1. 親は長座姿勢になり、床(お尻の少し後ろあたり)に手を置いて足をそろえます。
  2. 親が両足を上げてV字になったら、その下を子どもがくぐり抜けます。
  3. 親が両足を元に戻したら、子どもはその上をジャンプして元の位置に戻ります。
  4. 2、3を繰り返します。
ポイント

1分間など時間を決め、何回できるか挑戦してみましょう。

2 跳び越しくぐり

跳び越しくぐり

【跳び越しくぐりの動き】

  1. 親は長座姿勢になり、床(お尻の少し後ろあたり)に手を置いて足をそろえます。
  2. 子どもは親の足の上をジャンプして飛び越えます。
  3. 親が地面から腰を浮かせたら、その下を子どもがくぐり抜けます。
  4. 2、3を繰り返します。
ポイント

1分間など時間を決め、何回できるか挑戦してみましょう。

丸太倒し・飛行機

1 丸太倒し

丸太倒し

【丸太倒しの動き】

  1. 親は敷ふとん(orベッド)のうえで足をそろえ、仰向けに寝そべります。
  2. 親は敷ふとんに両手の平をつけて、垂直に足を立てます。
  3. 子どもは親の両足を倒すように力を入れ、親は足が倒れないようにキープします。
ルール

親が倒れるか、子どもが倒せなかったら負けです。

2 飛行機

飛行機

【飛行機の動き】

  1. 親は敷ふとん(orベッド)のうえで足をそろえ、仰向けに寝そべります。
  2. 親は敷ふとんに両手の平をつけ、足を垂直に立ててから膝を曲げます。
    このとき、子どもは親の足の裏と向き合うように、少し距離を置いて待機します。
  3. 合図で子どもが走り、親の足首をもって足の裏をおなかに当て、そのまま前方へとジャンプします。
  4. 親はジャンプのタイミングに合わせて、足を垂直にして子どもをもち上げます。
ポイント

どれくらい飛行機の状態をキープできるか、最高記録に挑戦してみましょう。

親子で元気に! 健康なからだで冬を過ごそう

親子で元気に! 健康なからだで冬を過ごそう

気温が低く乾燥した日々が続くと、風邪を引きやすくなったり、ちょっとしたことでケガにつながったりします。
また、普段から家事や育児で忙しいという方は、なかなかストレスを発散する場がないという現実もあるようです。

そんな方は、子どもとあそびながら運動すれば一石二鳥です。
運動不足を解消しながら、子どもと一緒に気分をリフレッシュすることができます。
まだ寒い時期は続きますが、親子の運動で体力を高めて、健康なからだで冬を過ごしましょう。

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す