「かんぽ生命 2010年 健康づくり、健康意識調査」結果より2010年、今年一番大切にしたいものは、『健康』と『家族』~全国の20~59歳男女3,400人が回答~

商品・サービス
2010年01月28日

本文の先頭です。

「一番大切にしたいものを『健康』」と回答した20~59歳男女1,000名のなかで
●健康維持のための支出、厳しい経済情勢下でも「減らさない」が85.7%
●毎月の健康維持費は、平均7,330円
●家族がメタボ27.2%。メタボ対策として、3割が「ウォーキング」

 

 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役会長 進藤丈介、以下「かんぽ生命」)は、昭和3年(1928年)に"健康の保持・増進"を目的として旧逓信省簡易保険局が制定した「ラジオ体操」をはじめ、「かんぽ生命健康づくりシンポジウム」等さまざまな活動を通して皆さまの豊かで充実した生活に欠かせない「健康づくり」を応援しております。
 このたび、かんぽ生命は、新年明けて1月8日~10日に、2010年の健康づくり、健康意識について全国の20歳~59歳男女にインターネット調査を実施しました。

 

<調査結果概要(詳細は別紙のとおり)>

1.2010年、今年一番大切にしたいものは、「健康」(33.1%)と「家族」(32.1%)

 20~59才の男女3,400 人に、「今年一番大切にしたいものは?」と尋ねたところ、33.1%の人が「健康」、次いで32.1%の人が「家族」と回答。3位の「お金」(15.4%)を抑えてそれぞれ3割以上が選択。

2.健康維持のための関連支出は、「減らさない」又は「増やす」が合わせて85.7%

 今年一番大切にしたいものは「健康」と回答した20~59才の男女1,000人に「厳しい経済情勢下で健康維持関連の支出をどうするか」尋ねたところ、「変わらない」が75.8%。むしろ「増やす」と答えた人が9.9%、一方で「減らす」と回答した人は14.3%。

3.毎月の健康維持費は平均7,330円

 今年一番大切にしたいものは「健康」と回答した20~59才の男女1,000人に健康維持のための支出について尋ねたところ、毎月の平均は7,330円。「1万円以上」も全体の24.9%にのぼった。

4.家族がメタボ27.2%。 メタボ対策として、3割が「ウォーキング」

 今年一番大切にしたいものは「健康」と回答した20~59才の男女1,000人に「家族にメタボリック症候群の人がいるか」尋ねたところ、約3割の人が「いる」と回答。特に男性40、50代に多く見られた。メタボ対策は、「ウォーキング」をあげる人が多数いた。

お知らせ・プレスリリース

保険のご相談・資料請求

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除きます)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す

お近くの郵便局で、保険のご相談・お見積もりを受け付けております。お気軽にご相談ください。
(外部サイトへリンクします。)

相談会で相談する

相談会で相談する
ライフプラン相談会について >

ライフプラン相談会は、ご家族やお子さまとご一緒に、どなたでもお気軽にご参加いただけます。