世界銀行の本邦市場初となる国内外貨建て「グリーンボンド」への投資

経営・財務など
2016年06月29日

本文の先頭です。

 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 石井雅実、以下「かんぽ生命」)は、このたび、世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)が本邦市場において初めて発行するグリーンボンド(国内外貨建て(ショーグン債)・私募形式、1億米ドル)へ投資しました。

 今回の投資は、かんぽ生命にとって初めての本格的なグリーンボンド(国内外貨建て・私募形式)への投資となります。世界銀行においても、グリーンボンドにおける国内債発行は本邦資本市場初の試みとなります。

 世界銀行は、本邦市場において、30年以上前に初めてショーグン債を発行した発行体でこのショーグン債も米国ドル建てで発行されており、本邦投資家のために様々な通貨建ての世銀債を発行し為替分散投資の機会を提供するという現在の起債方針の草分けとなりました。また、世界銀行は1971年におけるサムライ債、1987年における大名債発行といった新型債券を発行しており、日本の資本市場の発展にも寄与しております。

 かんぽ生命は、「いつでもそばにいる。どこにいても支える。すべての人生を、守り続けたい。」という経営理念のもと、「健康促進、環境保護、地域と社会の発展に積極的に貢献します。」を経営方針の一つとして、環境保護を社会的責任と捉えて取り組んでいます。資産運用においても、この経営方針のもと、ESG(Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス))に関する取組の第一歩として、投資を実施いたしました。

 かんぽ生命は、今後もグリーンボンドなどへの投資を通じて社会的責任を果たすとともに、適切なリスク管理のもとで、運用資産の多様化を進めることにより、収益性の向上を目指してまいります。

 世界銀行グリーンボンドは、地球温暖化問題に苦しむ開発途上国を支援すべく、様々な温暖化対策プロジェクトへの資金の貸出を支えています。特定の用途に利用する目的で資金調達をすることがグリーンボンドと通常の債券との相違点となっています。つまり、グリーンボンド発行で得た資金がどのような環境効果を意図するプロジェクトに利用されるかが、投資家にとって重要な検討材料になります。世界銀行は、2008年に初のグリーンボンドを発行して以来、これまでに総額90億米ドル相当のグリーンボンドを120銘柄、18通貨で発行しています。

以上

お知らせ・プレスリリース

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除く)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す