総務大臣および金融庁による行政処分について

重要
経営・財務など
2019年12月27日

本文の先頭です。

日本郵政株式会社
日本郵便株式会社
株式会社かんぽ生命保険

 日本郵政株式会社(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 長門正貢)(以下、「日本郵政」という。)、日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長兼執行役員社長 横山邦男)(以下、「日本郵便」という。)および株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 植平光彦)(以下、「かんぽ生命」という。)は、本日、総務大臣および金融庁より保険業法等に基づく行政処分を受けました。

 この度、このような事態を招いたことを深く反省し、お客さまをはじめ関係者の皆さまに多大なご迷惑をお掛けしますこと深くお詫び申し上げます。 弊社グループの全役職員は今般の行政処分を厳粛に受け止め、今後、二度とこのような事態を起こさぬよう、再発防止に向けて内部管理態勢のより一層の強化とコンプライアンスの徹底に取り組むとともに、一日でも早く皆さまからの信頼を取り戻せるようグループ一丸となって全力を尽くして参ります。 なお、今般の行政処分の内容等は、別添のとおりです。


お知らせ・プレスリリース