先進医療特約に関するお知らせを誤ってご案内したことのお詫び

経営・財務など
2020年02月21日

本文の先頭です。

 

 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、代表執行役社長 千田哲也)は、2020年2月19日、当社の先進医療特約を付加してご契約いただいているお客さま宛てに「先進医療から白内障手術(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)等が除外されることに伴うご対応」に関するお知らせを送付いたしましたが、引受謝絶によりご契約いただいていないお客さま等(約4万人)にも送付していることが判明いたしました。
 お客さまにご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 引受謝絶によりご契約いただいていないお客さま等には当社からお詫び状をお送りさせていただく予定です。
 今後こうした事案が発生しないよう、お客さま対応の取組みに対するチェック態勢を強化し、再発防止に努めてまいります。  

 なお、お知らせの内容は、2020年4月より、公的医療保険制度における先進医療から白内障手術(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)等が除外される見込みであることから、当社の先進医療特約のお支払いの対象外となることをお知らせするものであり、お客さま情報の漏洩等はございません。

お知らせ・プレスリリース