車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープン女子シングルスで準優勝

商品・サービス
2020年10月12日

本文の先頭です。

 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 千田哲也、以下「かんぽ生命」)社員の大谷桃子選手が、フランス・パリにて10月7日(水)から10月10日(土)まで開催された全仏オープン車いすテニスの部女子シングルスで準優勝しました。

 大谷選手への熱いご声援に感謝いたしますとともに、引き続き活躍を見守っていただきますようどうぞよろしくお願いいたします。

<大会トロフィーを手にした大谷桃子選手>

(写真)大会トロフィーを手にした大谷桃子選手

■大谷桃子選手からのコメント

 たくさんの応援ありがとうございました。決勝では上地選手に負けてしまいましたが、初めての全仏オープンで準優勝できたことはとても自信になりました。これで満足するのではなく、毎回上地選手と決勝で戦える選手になるよう日々精進して参ります。今後とも応援よろしくお願いします。

■大谷桃子選手プロフィール

 2020年4月かんぽ生命入社。現在は佐賀県を拠点に車いすテニスに取り組む。小3から硬式テニスを始め、高校在学時にはインターハイ出場経験あり。高校卒業後、病気により車いすを必要とする生活になる。2016年に車いすテニスを始めた後、2019年にイスラエルで開催された世界国別選手権で日本代表として出場し、女子銀メダル獲得に貢献した他、2020年1月にオーストラリアで開催されたTweed Heads International Wheelchair Tennis Open(ITF SS)にてダブルス優勝などの実績がある。

お知らせ・プレスリリース