マテリアリティ特定プロセス

中期経営計画(2021年度~2025年度)の策定とともに、「当社が目指すもの」を踏まえて、当社のマテリアリティを見直しました。

特定プロセス

STEP1 社会課題の抽出

SDGsの169のターゲットから、生命保険業を営む当社にとっての社会課題を抽出しました。

SDGsの169のターゲットから抽出した社会課題

SDGsの169のターゲットから抽出した社会課題

  1. 太字で表記している社会課題は、当社で最終的に選定した重要課題です。

STEP2 マテリアリティの特定

抽出した社会課題を「ステークホルダーからの期待」と「当社にとっての重要度(戦略的重要性)」の2軸で優先順位をつけて、マテリアリティを特定しました。

【ステークホルダーからの期待】
お客さま、投資家、社員、地域社会、国際社会のステークホルダーから、それぞれ期待される社会的要請

【当社にとっての重要度(戦略的重要性)】
当社の経営理念、経営方針、社会的使命(パーパス)との関連性

STEP3 重要課題の検証・決定

特定したマテリアリティの内容について、サステナビリティ委員会および経営会議で協議・決定し、取締役会へ報告

重要課題の検証・決定

  1. 各マテリアリティに記載の番号(1~38)は、STEP1で抽出した38の社会課題から特定した重要課題の番号に対応しています。
  2. 17色のカラーホイールは、ESG投資の推進がSDGsの17のゴール全てに関連することを意味しています。
サステナビリティ
マテリアリティ
ステークホルダーエンゲージメント
ESG投資
環境
社会
コーポレートガバナンス
ESGライブラリ

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除く)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す