ESG投資の枠組み・投資実績

ESG投資の枠組み

当社のESG投資については、下記の項目を中心に取り組んでいます。

ESGインテグレーション

当社ではすべての運用資産に対し、財務情報に加えESG要素を考慮する「ESGインテグレーション」を導入しています。投融資を行うにあたり、各資産の特性を踏まえた方法により、投融資先のESGに対する取り組みを総合的に評価し、意思決定に組み込んでいます。
また、ポートフォリオ全体および各投融資先の温室効果ガス排出量を算出・分析し、排出量の多いセクターについて排出量削減に向けた投融資先とのエンゲージメント(目的を持った対話)および投資判断に活用します。
なお、当社はESG課題の解決や持続可能な社会を実現すべく、ネガティブ・スクリーニングの基準を設けています。

自家運用

国債・準国債

  • 投資先の信用力評価プロセスにおいて、ESG要素を織り込んで評価します。
  • 投資判断時およびモニタリング時に、ESG評価機関のスコアを参考に、投資先のESG要素を評価した上で、投資を検討します。
  • ESGテーマ投資を行う際には、資金使途や実行可能性を確認の上、広くSDGsの目標達成や課題解決に貢献できるプロジェクトに投資を行います。
  • 環境・社会的課題解決に貢献することを意図して投資を行ったESG債について、インパクト評価を行います。
  1. インパクト評価への取り組みについては、責任投資レポートに掲載しています。

社債

  • 投資先の信用力評価プロセスにおいて、ESG要素を織り込んで評価します。
  • 投資判断時およびモニタリング時に、ESG評価機関のスコアを参考に、投資先のESG要素を評価した上で、投資を検討します。
  • 温室効果ガス排出量削減の取り組みなど、投資先企業の気候変動対応を評価し投資判断の際に考慮します。
  • 投資先企業等との対話を行い、対話で得た情報も踏まえESGの取り組み状況を評価します。
  • ESGテーマ投資を行う際には、資金使途や実行可能性を確認の上、広くSDGsの目標達成や課題解決に貢献できるプロジェクトに投資を行います。

国内地方債・融資

  • ESG要素を考慮した上で、投融資先および対話先の選定を実施します。
  • 具体的には「ゼロカーボンシティ(※1)」の宣言状況および「SDGs未来都市(※2)」の認定状況など、ESGに対する地方自治体の取り組みを定期的に確認した上で、投融資先および対話先の選定を実施します。
  • 投融資先である地方自治体とは定期的に対話を行い、対話を通じて得られた情報も踏まえ、ESGの取り組み状況を評価します。
  • また、地域社会の持続的な成長への貢献を目的としてSDGs債への投資を行います。
  1. 「2050年に温室効果ガスの排出量又はCO2(二酸化炭素)を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らが又は地方自治体として公表した地方自治体」を「ゼロカーボンシティ」として、環境省が公表。
  2. SDGsの達成に向け、優れた取り組みを提案する地方自治体を「SDGs未来都市」として、内閣府が選定。

プロジェクトファイナンス

  • 投融資先の信用力評価プロセスにおいて、ESG要素を織り込んで評価します。
  • 個別の案件審査時に環境への影響等を確認し、投融資判断を行います。
  • CO2を多く排出し気候変動への影響が懸念される石炭火力発電に係る国内外の新規のプロジェクトファイナンスへの投資は行いません。

株式

  • 当社独自に構築したESGスコア体系により、株式ポートフォリオを評価します。
  • ESGスコアの作成方法:
    環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の3つの要素ごとに将来キャッシュフローや資本コストに影響する項目を抽出して評価します。
  • 「ESGスコア」を考慮して以下の2つのファンドを運用しています。
  • <配当ファンド> 財務情報に加えて、企業のESGに対する取り組みを総合的に評価し、中長期的に企業価値の向上が期待できる高配当企業に投資
    <成長ファンド> 財務情報を踏まえながら、SDGsの目標達成や課題解決に資する企業の技術力や事業基盤の「業績への貢献度」 や「成長性」を評価し、ESGを成長機会として捉えている企業に投資

ESGスコア

  1. 株式のESGインテグレーションの取り組みについては、責任投資レポートに掲載しています。

外部委託運用

  • 運用受託機関の選定時およびモニタリング時などに、 ESG投資への取り組み(ESGに関する方針や態勢、具体的なESG投資の取り組み手法等)を確認し、投資判断において考慮します。
  • 外部委託運用においても、投資判断に際し、投資対象となるファンドの商品性等を考慮した上で、ネガティブ・スクリーニングやその他の特定の事業等を除外するための取り組みの状況が、当社のネガティブ・スクリーニング基準と照らし合わせて適切であるか確認します。

エンゲージメント・株主議決権行使

当社は、投資先の状況を的確に把握し、投資先との「目的を持った対話」(エンゲージメント)を行っています。投資先とのリレーション構築を図りつつ、財務情報のみならず、ESG要素を含む非財務情報の開示の充実を求め、ESGの課題に対する取り組みなどの確認に努めています。
また、外部委託運用においては運用受託機関との間で、定期的にスチュワードシップ活動に関するミーティングを実施し、運用受託機関と投資先企業におけるエンゲージメントの取り組み状況を確認するなど、資産特性に応じた対応をしています。
株主議決権行使については、ESG要素を含む非財務情報や対話等の状況なども考慮し、株主議決権行使方針に基づき、適切に実施しています。
なお、当社は日本版スチュワードシップ・コードを受け入れ、これに係る当社方針を定めています。
詳細は「スチュワードシップ活動」をご覧ください。

ESGテーマ投資・インパクト投資

当社は、“あたたかさ”を軸とした、当社重点取り組みテーマ(「Well-being向上」「地域と社会の発展」「環境保護への貢献」)に基づいたESGテーマ投資、インパクト投資(※)を積極的に推進します。資金使途や実行可能性を確認のうえ、広くSDGsの目標達成や課題解決に貢献できるプロジェクトに投資しています。
投資の実績は「主なESG投資事例」をご覧ください。

なお、インパクト投資を推進するためインパクト創出につながる定量指標をKPIとして設定できるなど一定の条件を満たした案件を「インパクト”K”プロジェクト」として社内認定するなど、当社独自のフレームワークを構築しています。

インパクトKプロジェクトロゴマーク

インパクト“K”プロジェクトについては「インパクト“K”プロジェクトの推進」をご覧ください。

  1. インパクト投資とは、財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的および環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資行動を指します。

ネガティブ・スクリーニング

当社は、ESG課題の解決や持続可能な社会を実現すべく、以下のとおり取り組んでいます。

  • 非人道的兵器(クラスター爆弾、対人地雷、生物兵器、化学兵器)は、無差別に甚大な被害を与えることから、それらの兵器を製造する企業への投資を行いません。
  • 石炭火力発電はCO₂を多く排出し、気候変動への影響が懸念されることから、発電効率にかかわらず、これに係る、国内外の新規のプロジェクトファイナンスへの投資を行いません。

主なESG投資事例

当社は、ESG要素を考慮したESGテーマ投資を行っています。資金使途や実行可能性が限定されていることを確認のうえ、広くSDGsの目標達成や課題解決に貢献できるプロジェクトに投資しています。

ESG債への投資

投資事例 関連する主なSDGs
9_産業と技術革新の基盤を作ろう 13_気候変動に具体的な対策を 14_海の豊かさを守ろう
7_エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 11_住み続けられるまちづくりを 13_気候変動に具体的な対策を
4_質の高い教育をみんなに 5_ジェンダー平等を実現しよう 10_人や国の不平等をなくそう
3_すべての人に健康と福祉を 13_気候変動に具体的な対策を 14_海の豊かさを守ろう 15_陸の豊かさも守ろう
1_貧困をなくそう 3_すべての人に健康と福祉を 8_働きがいも経済成長も 10_人や国の不平等をなくそう
3_すべての人に健康と福祉を 8_働きがいも経済成長も 13_気候変動に具体的な対策を
7_エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 9_産業と技術革新の基盤を作ろう 13_気候変動に具体的な対策を
3_すべての人に健康と福祉を 8_働きがいも経済成長も
3_すべての人に健康と福祉を
7_エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 13_気候変動に具体的な対策を

「フィード・アフリカ(アフリカ大陸の食料増産)」をテーマとするソーシャルボンドへの投資(2018年5月)

「フィード・アフリカ(アフリカ大陸の食料増産)」をテーマとするソーシャルボンドへの投資(2018年5月)
©アフリカ開発銀行
1_貧困をなくそう 2_飢餓をゼロに

「世界の女性と子供たちの保健への支援」の重要性に焦点をあてたサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資(2018年5月)

「世界の女性と子供たちの保健への支援」の重要性に焦点をあてたサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資(2018年5月)
©World Bank
2_飢餓をゼロに 3_すべての人に健康と福祉を

「ジェンダーの平等」をテーマとするソーシャルボンドへの投資(2018年5月)

「ジェンダーの平等」をテーマとするソーシャルボンドへの投資(2018年5月)
©アジア開発銀行
5_ジェンダー平等を実現しよう

再生可能エネルギー事業への投資

投資事例 関連する主なSDGs

太陽光発電、バイオマス発電等の再生エネルギー事業(プロジェクトファイナンス)への投資(2017年より開始)

太陽光発電、バイオマス発電等の再生エネルギー事業(プロジェクトファイナンス)への投資(2017年より開始)
7_エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 13_気候変動に具体的な対策を

ファンドへの投資

投資事例 関連する主なSDGs
7_エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 13_気候変動に具体的な対策を 10_人や国の不平等をなくそう
SDGsアイコン
SDGsアイコン
11_住み続けられるまちづくりを

地方公共団体向け融資(旧簡易生命保険資金によるもの)

投資事例 関連する主なSDGs
旧簡易生命保険資産による地方公共団体向けの融資は、郵政民営化に伴い「独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構」(以下「機構」という。)に承継された政策融資です。かんぽ生命は、機構と業務委託契約を締結し、その債権管理業務を受託しています。2022年3月末時点の融資先は約1,800団体、融資額は約3兆円で、その9割以上が下水道事業や学校整備、公営住宅建設など個別の使途に紐付いており、各施設の活用状況に関する調査を毎年実施するなど、地域社会のインフラ整備および住民福祉の増進に寄与しています。 SDGsアイコン

産学連携の取り組み

Well-Being向上とアカデミアを核とした資金循環の促進に向けた連携・協力を行うため、学校法人慶應義塾と覚書を締結しました。

今後、慶應義塾と共に、インパクト投資領域を中心として、慶應義塾の研究成果を活用したベンチャー企業を対象とした資金供給に関する検討など、相互に連携・協力し、共に社会課題解決とイノベーション創出の実現に努めていきます。

インパクト“K”プロジェクトの推進

インパクトKプロジェクトロゴマーク

当社は、かんぽ生命の重点取り組みテーマを考慮したインパクト投資(※1)を積極的に推進しています。
特に、インパクト志向の投融資を拡大するため、かんぽ生命が独自に定める投資のフレームワークである「インパクト“K”プロジェクト」を立ち上げました。
インパクト“K”プロジェクトの投資先は、インパクトの創出を意図し、それに繋がるアウトプット等をKPIとして設定することを必須とするとともに、純粋なインパクト投資のIMM(※2)要件を柔軟にとらえ、かんぽ生命に適した投資規模を目指します。

2022年10月現在、下記2件をプロジェクトの対象として認証しています。

本プロジェクトに関する認証フローや投資事例については「責任投資レポート」をご覧ください。

  1. インパクト投資とは、財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的および環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資行動を指します。
  2. Impact Measurement and Managementの略。インパクトの計測と管理を示します。

ESGスコア

サステナビリティ
マテリアリティ
ステークホルダーエンゲージメント
ESG投資
環境
社会
コーポレートガバナンス
ESGライブラリ

相談する

電話で相談する

受付時間(1月1日から3日を除く)
平日 9:00~21:00
土日休日 9:00~17:00

かんぽコールセンター

電話アイコン
ここにきこう 0120-552-950

ご高齢のお客さま専用コールセンター

電話アイコン
ご高齢のお客さま専用コールセンター 0120-744-552

●オペレーターに直接つながり、お問い合わせに対してゆっくりと丁寧に応対します。

郵便局で相談する

郵便局で相談する
郵便局を探す郵便局を探す